FC2ブログ

天網恢々疎にして漏らさず

s-エナ
高橋さんが聞いている。より高橋エナさん、変態。


夏真っ盛りということで、頻繁に花火大会が開かれてるとかいう話を聞きますね。
自分の近所の公園でも連日のように学生達が花火を打ち上げて盛り上がってますし…
でもコンビニで売ってるのは大抵が笛ロケットなのでうるさいんですよね、100m以上離れてる屋内にも音が届くって騒音にも程があるでしょう。
しかもゴミもそのままにして帰る輩が多いですし、花火大会で規模が大きくなるとそれだけ大量のゴミが散らかって見るに耐えません。
おかげで最近は花火を禁止している公園や海岸が多いらしいですね。まあ大変。

まあ自分には花火をする機会なんて無いので完全に他人事ですけど!


夏アニメの話。
今期はグラスリップ、野崎君、東京喰種、ヤマノススメ、スペースダンディ、残響のテロル、ばらかもんを見てます。

中でも東京喰種とヤマノススメが良いですね。
東京喰種は演出面で漫画とガラっと変えていて、それがかなりプラスに働いているように思えます。
漫画の画面構成をそのままアニメにしただけでは見辛くなりそうな作品ですからね。
あ、もちろん漫画の方も好きですよ。

ヤマノススメは前期が5分アニメだったからか1話1話がとても長く感じてとても嬉しいです。
前期でできなかった登山話も無事ありました(登山の作品なのに…)し、女の子が本当にかわいい。
細かい所まで描写が行き届いていますし、丁寧な作りがとても良いアニメだと思います。
女の子がマジでかわいいし。
スポンサーサイト

センチメンタリズムに浸る

どれほど傷つけば、週間連載と言えるのだろうその⑧


言の葉の庭を見てきました。
今回は靴職人志望の少年と、少年にとって雨の日にだけ会える謎の女性のお話。
キーワードは日本庭園、雨、靴、万葉集。

前回の秒速では考えさせられる内容で感極まるようなことはなかったのですが、今回はラストでかなりグッとくるシーンがあったのが危なかった。
詳しくは言えませんが、ああいう感情の迸りのシーンに自分はとってもとっても弱いです。


そしていつもどおりの圧倒的表現力!

新海作品といえば、その映像に対する凄まじいこだわりで、アニメefのOPを担当して「efはOPアニメ」とまで言わせしめた程の実力の持ち主。

かかっているタオルのくたびれ加減、過ぎないリアルの部屋の乱雑さ、一人一人の動きに気を配った雑踏、などの背景作画が完璧なのはもはや当たり前。
特筆すべきは演出面で、キャラクターの心情や視聴者に訴えかけるように変わる雨模様は物語の輪郭を明確にしますし、しかもその時々によって配色も変えているのは素晴らしいの一言で片付けるにはもったいない。
音響も凝っていて、カメラアングルによってはまるで場面に入っていけるような臨場感が味わえます。

前回までは全てDVDだったので、今回劇場で新海誠の作品を見ることができてとても良かったです。
BDも6000円くらいですから、万年お金に余裕が無い自分でも買っとこうかなという気分にさせられますね。
劇場限定版ですと色々付いてくるみたいですし。

アイカツ!

キュアストロベリー
スター宮inキュアハートの衣装
髪の毛先が全然上手いこといかなかったのでアイカツ…じゃなくて割愛。


私の熱い週間連載、始まりますその⑦

相方のススメあってアイカツを視聴し始めました。
放送当時3話までは見てたのですが、友人含め3人で見ている+当時クールは見るアニメが多くて最終選考で泣く泣く切った作品でした。
が、見始めてみるととても良くできたギャグアニメということがわかり、そのライトなノリ、女児向けとは思えないような内容に、切ったことを今はかなり後悔しています。

個人的にお気に入りは主人公いちごの親友、あおいちゃん。
おとぼけ主人公を導くまともキャラのわりに、初期の頃のセリフ回しが妙に独特でコミカルなのが良いですね。
登場キャラが多くなってきた今現在はその性格も影を潜めていますのが少し残念です。

でもエロ同人に似合うのはぶっちぎりで蘭ちゃんですね。



ブレイブリーデフォルトクリアしてました。

どうやら隠しシナリオに位置するのが真ルートだったようです。
ラストに突然登場した天界だのの設定については重要っぽそうな伏線回収と共にかなりメタいネタが盛り込まれており、正直かなり笑えました

調べてみるとブレイブリーデフォルト、というタイトルは
Bravely=勇気を持ち
Default=拒否する
という意味から、ストーリー上最も熱い演出の鍵ともなっており、プレイヤー自身に訴えかけるとても良いタイトルなんですね。
それに合わせてヒロインの口癖も「拒否します!」だし、その辺りはよくもあれだけ素直にひねられるな、と感心できます。

なんだかんだで楽しめましたし、シリーズ化を考えて作られたものみたいなので次回作にも期待ですね。

ドキプリ12話より

s-4月23日分
どう考えても圧迫面接



週間更新を目指して頑張ろうその②

ヴァルブレイブがとても面白くなかったです。
・一日中プールで授業?してる女生徒やいきなりロボットを操作できる主人公などの描写の突飛さ
・世界観や科学技術の説明が一切なく、想像力で補完する部分が大きすぎる
・どう考えてもいつもと様子が違う状態の同僚に裏切られて弁解の余地も無いほどキレる、人を殺しても何とも思わないのに「こんなバケモノみたいな体になって告白なんかしたらあの娘が可哀想だから手を引くよ」と感情移入できる隙間が無いキャラクターの描写
・いくらサンライズとはいえワザとらし過ぎるピンク色の爆風

と、無茶苦茶な部分を列挙するとキリがありません。
OPがTMR&水樹奈々というそれだけで期待していましたが、こんな駄作が生まれてくるとは思ってもみませんでした。

悪の華も散々言われていますが、あの絵にしたのは失敗だと思いますね。
確かに味はあるしリアル寄りの内容ですから最初はアリかと思っていたのですが、中村さんがとにかくキモイ。
原作ではムチャな奴でも見た目が可愛いからある程度納得させられますが、アニメではお世辞にも可愛いとは言えない、ただキモい見た目の女の子がムチャなことを強要するだけになってます。
救いようがない。


あいうらとジュエルペットだけだ、俺を癒してくれるのは…
プロフィール

足跡 あきざね

Author:足跡 あきざね
ペリドットの腕輪というサークル名で、びっくりするぐらいひっそりと活動。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
リンク