FC2ブログ

時間の西方

BwyFO91CQAA9fLX.png
こんな感じのを鈍意制作中。

ご無沙汰しております。
今現在紅楼夢に向けて遅い筆を動かしています。
タイムスケジュール的に間に合うかどうかかなりギリギリ(アウト)なので、正直新刊出しますなんて口が裂けても言えない状況…
が、頑張ります!


登山の話。
先日、金剛山に登ってきました(時間が無いと言っておきながら)。
途中木々が鬱蒼としており、空気も綺麗で自然の風景が大好きな自分大興奮!
10年ぶりくらいの登山でとても楽しめました。

ただ普段運動しないせいで途中膝が痛くなり、下りはロープウェイを使うなど十分に登山ができたとは言い難い…
近々リベンジ登山にまた行きたいと思ってます。
冬になるとぐっと環境が厳しくなりますので、なんとか秋終わりまでにはリベンジを済ませたいところですね。

他にも、秋といえばで紅葉を見に京都なんかにも行ってみたいなーなんて。
スポンサーサイト

s-てらりあ
分業は大事。


テラリア始めてました。
友達含め4人でやってるんですが、進めていくと各々に役割のようなものが出来てきてロールプレイのような感じになってます。
自分は銃器とポーションを使う建築担当の黒人キャラです。詰め込み過ぎ。


レプタイルズフィーバー2013に行ってきました。
アクアリウムをやっている友達に誘われる形だったのですが生き物好きなのでめちゃ楽しめました。
猛禽類の匂いが少々キツかったのが難点でしたけど…

s-IMG_0497.jpg

s-IMG_0500.jpg
猛禽
足が小さい割に体が大きくて空の生き物なんだなって感じがします。
羽を広げるとおもっている以上に大きく見えてかっこいい。


s-IMG_0498.jpg
ヒヨコみたいに箱詰めですがちゃんとしたフクロウのヒナ。
こんな風に売られてるのってこんなイベントくらいじゃないのか。

s-IMG_0499.jpg
売られているといえば大半のヘビはこのようにパック詰めにされてます。
このヘビは模様が綺麗でとてもかっこいい。

s-IMG_0503.jpg
友人が購入したヨロイトカゲ。
一見かわいらしい見た目ですが捕食シーンは野性味に溢れていて惚れ惚れします。


この他にも金魚すくいならぬイモリすくい、ウサギやマーラに触れるふれあいコーナー、肩に爬虫類を乗っけて触らせてくれたりするスタッフなんかもいて、こういうのが好きな人には隅まで楽しめるイベント。
特に何を購入するわけでもない自分みたいなのでも満足できたくらいですし。
それに普段触らない世界に足を運ぶのはそれだけで刺激にもなりますしね。
こういったイベントがあれば積極的に参加したいと思いました まる

愛媛行ってきました

切間バリスタ
切間美星バリスタかわいい!!

週刊ペースで更新できなかったよ…その④


喫茶店タレーランの事件簿2を最近読みまして、面白くてつい1巻を引っ張り出して2週目に入りました。あきざねです。
絵を描こうにも資料が圧倒的に少ないので全然わかりません。
文字から想像を働かせるのはいいとして、それをアウトプットするのは至難でした。
そう考えるとコミカライズとかしてる人はすげえなーと思います。



タイトルの話。

5月6日に愛媛県松山市で開催されたひめマニアに行ってきました。
なんかこう…なんか、こう。
上手く文字にできませんが、とにかく楽しくて感動する素晴らしいイベントで、元気とか勇気とかの素敵なものをたくさん頂きました。

うどんもめちゃ美味しかったし全体ではとても良い旅行でした。
観光に関しては行けない所があったのでまた行きたいです。

ちゃうねん

0110510

落書きミクさん。ラフにラフに。

ミクはイメージカラーが緑って辺りが大好きです。
その他の部分は好きです。
ボクっ子という設定がどこかに行ってしまったのは嫌いです。



唐突ですが、自分は人物画が嫌いです。
同人屋としてあるまじき発言ですが。

元々ストーリーを書くのが好きで、絵はそれなりに好きという感じだったんですよね。
で、絵を続けている内にそれも好き度が増してきたのですけれど、人物よりも背景なんかを描いている方がテンションが上がります。
まあ人物画も嫌いって程では無いのですが、人物以外と比べると歴然。
食べ物で例えると「食べられるけど食べたくない」といったポジションですね。

マンガという媒体においてストーリーを展開させるためには人物画は必要不可欠なので、総合すると同人が大好き!ということになります。

マアダカラアーダコーダイウツモリハアリマセンガネ。
プロフィール

足跡 あきざね

Author:足跡 あきざね
ペリドットの腕輪というサークル名で、びっくりするぐらいひっそりと活動。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
リンク